各タイトルをクリックしてください。

ここに回答が表示されます。

 

 

 

売却にあたっての諸費用は?

主なものとして、
・仲介手数料(成約価格の3%+6万円)+消費税
・登記費用:表示(住所等)の変更・抵当権の抹消等がある場合は約2〜10万円くらいまで
・契約の印紙代
物件の金額や登記内容により異なりますが3,000万円の物件で約110万円位が諸費用合計の目安の数字です。

 

 

 

査定のポイントは?

立地条件や周辺環境、建物の管理状況や外観、住戸の階数・方位・位置、室内の使用状況等について評価をするとともに、市場動向や流通性の度合いなどを加味して査定価格を決定します。データベースの多いきちんとした仲介会社に依頼するほうが安心です。また、最近では「優良中古マンション(住宅金融公庫の基準)」に該当するかどうかも重要なポイントです。

 

 

 

 

 

媒介契約の種類は?

「専属専任」・「専任」・「一般」の3つのタイプがあります。一社に依頼するか、数社に依頼するか自己発見取引の制限などの取り決めがそれぞれ違います。できれば信頼のおける業者一社との専属専任また専任媒介契約がよいでしょう。

 

 

 

 

 

販売活動ってどんなことするの?

新聞折込やチラシ配布、住宅情報誌への掲載、オープンルーム開催などの幅広い営業活動を行います。

 

 

 

 

より売りやすくするコツは?
早く高く売れる事が一番ですが、欲張りすぎて査定価格と売出価格の乖離があまりに大きいと、問合せが少なく、結果、販売期間が長びき「残戸感」が出てしまいます。結果的に査定価格を下回ってしまう事もありますので、査定価格を踏まえた上での適正価格での売り出しがポイントになります。また、「見た目」も大切ですから、お部屋のこまめなお手入れや不要なものを整理してお部屋を広く見せるなどの工夫も必要です。

 

 

 

 

優良中古マンションって何?
維持管理・居住性能が一定の評価基準に達している中古マンションです。住宅金融公庫融資において、通常の中古マンションよりも有利な条件での借入が可能になりますので、売却の際のアピールポイントにもなります。

 

 

 

 

売却の売買契約をしてどのくらいで引越しするの ?

契約後は引渡しが待っています。引渡しの日付は売主様、買主様両当事者間で話し合いの上決定されるのが一般的です。通常中古マンションの場合は契約から引渡しまでの期間は2〜3ヶ月です。

 

 

 

現在のマンションを売却した場合。ローンの残債は?
条件にあてはまるお客様は、ご自宅の売却による差損額も含めて借入が可能な住宅ローンがご利用になれます。
※詳しくは、各仲介店舗・新規購入物件の担当者にお問い合わせ下さい。

 

 

 

資金計画のポイントは・・・
誰もが当然少しでも高く売りたいと思います。高く売るためには、お客様の物件をより高く評価していただける購入希望者を見つけることが重要です。顧客ストックとネットワーク、営業力でより良い購入希望者を探すお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

 

買い替えの際の売り出しのタイミングは・・・
2つの方法があります
 ●「売り先行」型
 まず、売却を行い、予算(資金計画)を確定させてから、次の購入物件を探す方法です。
 購入物件が特定されていない場合は、安心で確実な方法です。
 ●「買い先行」型
 購入物件を決めてから売却を行う方法です。資金の余裕がある場合に可能です。

 

 

 

 

売却の契約をしてからどのくらいで引越しをするの?
契約後は引渡しが待っています。引渡しの日付は売主様、買主様両当事者間で話し合いの上決定されるのが一般的です。通常中古マンションの場合は契約から引渡しまでの期間は2〜3ヶ月です。

 

 

 

ここにのっていないことで質問があります。

その他のご質問はこちらからどうぞ